オリジナルハンドメイド  HAKUSHIKO

ママがつくる オシャレで実用的なハンドメイドマストアイテム☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

家族旅行2015.11.28~④静岡県浜名湖周辺

旅行4日目、12月1日。

はい、娘さん月・火と学校を休ませております。
本人は水曜日まで休むつもりで先生に報告したんだとかΣ(ω |||)


12347983_1024636117579431_9147910250719752407_n[1]

遅めの朝食をすませ、舘山(かんざん)散策へ。

12316572_1024636130912763_1388363944647347675_n[1]
浜名湖~\(^o^)/!!
富士見岩から遠く富士山も見えました。


さてさて、本日の目的地①「うなぎパイファクトリー」へ

12348037_1024636150912761_8526919095799729091_n[1]

うなくんがお出迎え。

入口で記念品のうなぎパイ♪
10周年なんですね!
11209568_1024636237579419_5798449107752057498_n[1]


11202964_1024636167579426_6331104990829520591_n[1]
12348098_1024636164246093_7439423418976591655_n[1]

うなぎパイのことを色々知りました。

一番驚いたのは、職人さんの手仕事で生地を作っているということ。

完全機械化だと思っていたので、その日の気温や湿度によって釜の温度等も微調整しているとは知りませんでした。

やはり、どれだけ技術が進歩しても最終的には人の感覚なんですね。


ひと通り見学したあとは、うなぎパイカフェへ。

すべてのメニューにうなぎパイが使われています!
・うなぎパイのミルフィーユ仕立て
・うなぎパイV.S.O.P.の紅茶パフェ
・ハニートースト サラダセット

サラダに、クルトン代わりにうなぎパイを砕いてふりかけるのは斬新!!
おいしかったらしいですよ。
12346342_1024636244246085_7766905693682591890_n[1]

「ライトの周りにうなぎパイがいっぱいついてる!」と娘に言われ顔をあげると

ほんとだ!!

子供の観察力はすごいな。(いや、普通は気付くのかな?)

12289509_1024636187579424_1474955151181911252_n[1]


目的地②「龍潭寺(りょうたんじ)

学生の頃、お寺でバイト(とは言わないのかも・・・)していたこともあり、
お寺のあのお香の匂いが大好きで、落ち着くんです。

12321294_1024636220912754_6727854194867582415_n[1]


このお寺は井伊家ゆかりの地で、のちの井伊直弼のご先祖にあたります。

行くまで知らなかったんですが、龍潭寺ゆかりの女城主「井伊直虎」が2017年の大河ドラマに決定したそうです。
直虎役は柴咲コウさん。詳細→


それから、このお寺の中に「正夢稲荷」というところがあって、願い事が叶うそうな。

娘がお願い事したいというので、しばし待つ。
12310410_1024636257579417_9163055450407464231_n[1]

なんだろな~。何かのテストの合格祈願かなー。
欲しいものがあるのかなー。

でも、何を書いたか、どこに飾るか見せてくれず・・・。

「自分で写メを撮るから」と追い出されてしまいました。


で、本人が撮った写メがこちら↓
12342369_1024636284246081_814791836632801914_n[1]


強い衝撃を受けて、思わず涙が出てしまいました。
私だったら絶対、自分の願い事を書いていました。

ありがとう。




ほんわかした気持ちで目的地③「竜が岩洞(りゅうがしどう)」へ。

竜がお出迎え。
12314110_1024636294246080_2322988364583343985_n[1]

自然の神秘に驚き、感動。
12341373_1024636297579413_8325376127469779547_n[1]

これらを発見し、手探りで開拓していった人々もすごいなぁ。



そして帰路へ。
充実した4日間でした。

最後まで読んでくださったみなさま、どうもありがとうございましたヾ(o´∀`o)ノ

さて、そろそろ作品作り始めます(笑)。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。